White glance

主にヴァイスシュバルツのことを書いていきます。ブログ名が厨二だけど高校生の時につけた名前だからしかたないよね!

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --    

ソードアートオンライン対策(タイトルカップ) 

こんにちは、マルです

今週末は東京でBCF予選がありますね。
行こうか迷ってたのですが、銀行の預金残高を見て冷静になりました。

今日はソードアートのタイトルカップの環境のことについてひっそりと書こうと思います。
トリオは出てないですし、ネオスタンは一瞬で負けたモブですので何もわかりません何も書けません

ってなわけでほぼ運によって決勝までいった私がソードアートのタイトルカップを考察します。
よろしければ読んでやってください。




まず、全体の感じですが、パーティへの誘いアスナ軸、いわゆるテンプレ構築が一番多かったように思います。その次に多かったのがシリカ軸。また、レベル3のリーファを入れてる方はほとんど見ませんでした。優勝者(決勝で当たった方)は入れてましたけど、出されませんでした。

タイプ① テンプレ構築への対策

レベル1への先上がりが非常に重要になります。打点差をつけてラインを作る。
いつもやるようなシンプルな戦い方がタイトルカップにおいては本当に強いです。
ましてやソードアートのタイトルカップともなると。

これはどんなタイトルでも言えることですが、ミラーマッチは助太刀ゲーです。
ほとんどパワーが変わらないデッキ同士の戦いにおいては基本的に、アタック側よりも助太刀で守る側のパワー補正値のほうが大きいので相手ターン中に相手のキャラを落とすことが簡単です。
もちろん、相手もできるだけ助太刀圏外から殴ろうと工夫はしてきますが、3面全てをカバーするのは非常に困難。

ソードアートの話に戻しますと、強力な助太刀が無理なく入れられるこのタイトルはその傾向がより強いと感じました。
細かい話をすると、高い採用率を誇り、レベル1のメインアタッカーとなる「着替え中のリズベット」のことを考えても助太刀で相手のキャラを落とすことの重要性、自ターン中にキャラが落とされることの痛さがわかるかと思います。

中盤の戦い方。僕が意識したのはレベル2をとにかく出すことです。(これは普段SAОと戦う上でも有効な戦術です。)
テンプレ構築だとレベル2でもレベル1と同じキャラで戦う型が多いと思う(実際多かった)のですが、そこに素のパワーが相手より500でも1000でも高いキャラを出されれば、相手からすると非常に苦しくなります。クライマックスを張られなければ、基本チャンプしかされません。助太刀圏外からのアタックもまず無理です。
その結果、手札に余裕ができ、クロックフェイズを破棄でき、ダイレクト枠も必然的にできるためダメージレースでも盤面でも圧倒的有利になります。そのままレベル3につなげられればすごく楽です。

あとはリーファを入れているなら出す。出したら起動効果を使うのを忘れずに。バウンスされたら元も子もありません。手札一枚以上の働きを必ずしてくれます。逆に相手にリーファが見えたら絶対に出させないようにしましょう。もともと、緑の投入枚数は少ないはずなので、もとから成功確率はそんなに高くはありません。こっちからも調整して全力で妨害しましょう。出されたら…まあ、チャンプゲーのクソゲーに突入です!!(やけくそ)

一応レベル3。ある意味くそげーです。アスナやシリカでどっからでもワンチャン作れてしまうため、運が悪ければどっからでも死にます。僕も準決勝で意味わからない通し方をして勝ってしまいました…^^;



タイプ② シリカ軸への対策

名古屋のタイトルカップでも何度か対戦しましたが、シリカ軸を相手にしていて一番怖いのは「初めての冒険」(全体ソウル+2)でのぶっぱです。
一周目の弱い山札に打たれようものならレベル1が消し飛びます。かなり辛いです(汗)
これに関しては対策らしい対策はできないので、諦めました。どうしようもないですからね。
それより大切なのはそのあと。毎ターンしっかり3面割っていくことを意識します。
テンプレ構築に比べてシリカ軸は3面しっかりしたラインを作るのは難しいです。
理由は後列がほとんどピナで固定されるため、シリカ以外のキャラがパンプを受けられないからです。
そのため、強いのはせいぜい2面、時によっては1面しか強くない場面もありました。
最低でも見た目超えをし、助太刀を使わせるように心がけましょう。
テンプレ構築で戦っていれば、パーティシナジーがない分、手札の質を保つのは向こうのほうが難しいはず。
後半でしっかりアドを取り返して戦っていきましょう。




各デッキへの対策はこんなところでしょうか。
一番意識するのは「助太刀ゲー」というところです。
そこさえ覚えて考えて助太刀打てればちゃんと戦えると思います。

それでは、最後に何となく入れてて、個人的に割りと強いなーと思ったカードを一枚紹介。

大切な時間 アスナ(SAO/S26-003) - ソードアート・オンライン Vol.2
サイド: 種類:キャラ レベル:0
色: パワー:1000 ソウル: コスト:0
レアリティ:R トリガー:- 特徴:アバター・武器
フレーバー:わたしにとっては大事な二年間なの。今ならそう思える

【永】 あなたのターン中、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[あなたのキャラを2枚【レスト】する] あなたは自分の《アバター》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。

タイトルカップというお互いのパワーが拮抗した戦いにおいて、何度も助けてもらいました。
特にクライマックスを引けていないとき、ほんっとうににありがたい。
一体選んで1000パンプは柔軟性があり、使いやすいですし、自ターン500パンプもミラーでは地味に効きます。
優しい佇まいアスナとの相性もいいので、是非一度試してみてほしいと思います。




つたない文章で読みにくいかと思いますが、ここまで読んでくださりありがとうございました。
ソードアートのタイトルカップだけでなく、ソードアートそのものに対する対策としても参考になれば幸いです。
ですが、まだ追加パックが発売されてからあまり時間も経っていませんので環境が動くことは十分に考えられます。一応、お気を付けください。

それでは、また~
関連記事
スポンサーサイト

category: ヴァイス

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://whiteglance.blog33.fc2.com/tb.php/340-ce8050cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

アクセスカウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。